利便性の高いエコペイズを使った入出金

利便性の高いエコペイズを使った入出金
オンラインカジノでゲームを楽しむためには、まず現金を入金しなければなりません。
ただ、オンラインカジノは海外の事業者のため、現金を日本から海外へ送金することになります。

現金を送金する場合は銀行が思い浮かびますが、銀行の送金手数料は非常に高くなっています。
そこで、便利なのが「エコペイズ(ecoPayz)」という送金ツールです。

エコペイズとは

エコペイズは2008年にイギリスで創業された、オンライン電子決済サービスを提供する会社です。
現在では、世界の多くの国で利用されています。

なお、オンライン電子決済サービスとは、インターネット上に口座を設け、電子データの送受信によって決済処理のできるサービスのことです。
電子決済サービスの例としては、電子マネーによる決済やQRコードを利用したスマホ決済などが挙げられます。
このサービスを利用すると、24時間いつでも手続き可能というメリットを得られます。

なお、エコペイズの運営会社である「PSI-Pay Ltd.」は、イギリス政府の金融行動監視機構(FCA、日本でいう金融庁)から認可を取得しています。
従って、安全性には全く問題がありません。

エコペイズを利用するメリット

エコペイズは以下のメリットから、オンラインカジノの入出金には最適なツールになっています。
1)ほとんどのオンラインカジノが採用
2)日本語に完全対応

1)ほとんどのオンラインカジノが採用
いくら便利だとはいっても、登録しているオンラインカジノが対応していなければ意味がありません。
実は、エコペイズは日本のユーザーに馴染みの深い以下などのオンラインカジノで採用されています。
・ベラジョンカジノ
・カジノシークレット
・カジ旅
・チェリーカジノ
・ラッキーデイズ
・ラッキーカジノ
・ワンダリーノ、他多数

ちなみに、どのオンラインカジノでもクレジットカードでの入金が可能になっており、手間を掛けずに入金できます。
ところが、クレジットカードで入金しても、クレジットカードでの出金ができません。
全てのオンラインカジノの入出金のルールでは、入金した方法と同じ方法での出金とされていますが、クレジットカードだけは出金に利用できません。

そこで、エコペイズを利用すれば入金も出金も1つの口座でできるため、入出金額の管理が容易にできます。

2)日本語に完全対応
エコペイズを利用するメリット
いくら利便性が高くても、日本語が使えないと手が出せません。
エコペイズは日本語に完全対応しており、安心して利用できます。
また、パソコンだけではなく、スマホからも利用可能です。

円とドルの換金

日本のユーザーは当然、日本円しか保有していません。
しかしながら、ほとんどのオンラインカジノはドルでプレーするようになっています。

つまり、ドルで入金しなければなりませんが、エコペイズを経由すると、日本円を自動的にドルに両替してもらえます。
当然、オンラインカジノから出金する際も、エコペイズを通せば日本円で受取ることができます。

手数料

エコペイズの口座開設や口座維持の費用は無料になっています。
エコペイズとオンラインカジノ間の入出金手数料も無料です。

ただし、1年間エコペイズを利用していないと休眠口座扱いとなり、維持管理料として1ヶ月1.7ドルを取られます。

手数料としては、銀行から引出す時の両替手数料があります。
ランクによって手数料率が異なります。
・クラシック、シルバー:2.99%
・ゴールド、プラチナ:1.49%
・VIP:1.25%

エコペイズへの入金方法

エコペイズへの入金方法
エコペイズへの入金方法には以下の4つがあります。
1)ローカル入金
2)仮想通貨
3)ポケットチェンジ
4)エコバウチャー

1)ローカル入金
入金方法の中では、ローカル入金(国内銀行振込)が最も簡単でオススメの方法です。
ただ、手数料として5%がかかります。

以下の手順で入金します。
①エコペイズにログインし、マイページの左側にある「資金を入金」をクリックします。
なお、エコペイズに複数の口座を保有している人は、「入金するアカウント」の選択が必要です。
②「ローカル入金方法」、続いて「WirePay」を選択します。
③入金額を入力し、「身分確認書類を含む個人情報の取得と共有」のチェックボックスにチェックを入れ、「続行」をクリックします。
④振込先情報の画面に移ります。
振込金額には入金額の他に、エコペイズの手数料5%が足された金額が表示されています。

画面で指定されている銀行、口座に入金額を振込みます。
振込方法はネットバンクでも、コンビニや銀行のATMでも構いません。
入金の反映は、公式サイトでは「入金反映まで0~3営業日」となっています。

2)仮想通貨
仮想通貨からの入金は、仮想通貨を保有している人に限られます。
手順は「WirePay」の代わりに「Alternative Payments」を選択する他、ローカル入金とほとんど変わりません。

3)ポケットチェンジ
ポケットチェンジとは、海外旅行で残った外貨や日本円を電子マネーに交換できる専用端末機のことです。
空港の他、主要都市に設置してあります。
利用する機会は滅多にありません。

4)エコバウチャー
エコバウチャーとは、ネット上のプリペイドカードのようなものを購入し、エコペイズに入金する方法です。
手数料が非常に高く、手間もかかるため、利用されることはありません。

エコペイズからの出金方法

エコペイズからの出金方法には以下の3つがあります。
1)国際送金
2)高速現地送金
3)ローカル出金

1)国際送金
エコペイズからの送金では、最も安く出金できます。
ただし、出金申請から入金までに10日程度がかかります。

2)高速現地送金
最も早くお金を手にできますが、出金する金額に対して1%の出金手数料がかかります。
また、最低「15ユーロ」となっているため、一番安くても2,000円ほどの手数料を取られます。

3)ローカル出金
ローカル出金は高速現地送金とほぼ同様ですが、日数が若干かかります。
特別な理由でもなければ、選択する必要がありません。

大きな金額を動かす場合は、時間はかかりますが国際送金、すぐにでも手元にお金が欲しい場合は、高速現地送金が適しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です