攻略法別の詳細と使い方

オンラインカジノではブラックジャックやバカラ、ルーレットといったお馴染みのゲームの他、様々な工夫が凝らされた魅力的なゲームを楽しむことができます。
そうしたゲームを楽しんでいるプレイヤーの中にはただ楽しむだけではなく、別の目的を持った人達も少なからず存在します。
ゲームのルールや仕組みを統計的・確率的な視点から徹底的に分析して攻略しようとしている人達です。

勿論、ゲームの攻略法を探したり一攫千金を狙う行為は誰しもが一度はチャレンジすることですが、本気で取り組み続ける人は殆どいないでしょう。
ここではゲームの攻略法を真剣に探し求めていた人達がその途上で編み出していった攻略法について、分かりやすく紹介して行きたいと思います。

天井知らずのマーチンゲール法

天井知らずのマーチンゲール法

マーチンゲール法はベットが必要なゲームの経験がある人であれば、誰しもが1度は聞いたことのある攻略法ではないでしょうか。
マーチンゲール法の仕組みは至って簡単で、勝てるまでベット枚数を倍に増やしていく方法です。

例えば、最初に1$を賭けて負けてしまった場合は、次のゲームで倍の2$を賭けるのです。
負け続けた場合は1$、2$、4$、8$、16$、32$・・・と、掛け金を倍に増やしていきます。
ゲームの途中で勝てた場合は、掛け金を最初の額に戻せばよいだけです。

マーチンゲール法の特徴はオッズが2倍のゲームの場合、どこかで勝てれば最初の掛け金分の利益が必ず得られることです。

注意点としては何連敗まで資金が持つかということです。
$1から賭け始めた場合、9連敗してしまうと10ゲーム目に必要なベット金額は$512、10ゲーム目からの掛け金総額は$1023にもなります。
つまり、9連敗に耐えて10ゲーム目に挑戦するには予め$1023の資金を用意しておく必要があります。

「いくら何でも9連敗はしないだろう」と思われる人がいるかもしれません。
実際、9連敗する確率は0.2%で10連敗の場合は0.098%しかありません。
しかし、可能性が0出ない限り全ての物事は必ず起こりえます。
マーチンゲールは利益が出てきたら止め時、不安になってきたら引き時の攻略法です。

3倍オッズで有効なココモ法

ココモ法は先述したマーチンゲール法に工夫を凝らした攻略法です。
マーチンゲールは連敗した際の負担と薄利がネックとなっていましたが、ココモ法は連敗時のベット方法を改良することで、その弱点を補って比較的利用し易くしています。
配当が3倍のゲームに特化しているので、ルーレットなどの3倍配当があるゲームで有効とされています。

ココモ法のベット方法は、最初と2ゲーム目は1$を賭けます。
連敗してしまったら1ゲーム目と2ゲーム目の掛け金の合計額をベットします。
つまり、2連敗後からは1ゲーム前と2ゲーム前の掛け金の合計をベットしていきます。

例えば、1ゲーム目から連敗した場合の10ゲーム目までのベット金額は、1$、1$、2$、3$、5$、8$、13$、21$、34$、55$・・・となります。
マーチンゲール法と比べると連敗した時のベット数が緩やかなので、そこそこの連敗には強くなっています。
更に、3倍配当なので勝った時の純利益はマーチンゲール法の利益よりも大きくなります。

注意点は酷い連敗をしてしまうと資金がショートしてしまう可能性があることです。
大きな連敗後に勝利して利益を確保できたら早々に引き上げるのが得策でしょう。

短期決戦で稼ぐパーレイ法

短期決戦で稼ぐパーレイ法

パーレイ法は恐らく考えられた攻略法の中で最もシンプルかつ潔い戦略でしょう。
ルールは簡明で、ゲームに勝ったら掛け金を倍にしていくだけです。
俗に言う「倍プッシュ」というもので、玉砕戦法と言い換えても差し支えないでしょう。

負けてしまえば0になりますが、連勝すれば資金は爆発的に増加します。
$1から賭け始めても5連勝すれば配当は$32に、10連勝すれば配当は$1024にも膨れ上がります。
運によるところが非常に大きいので攻略法と呼べるかどうかは怪しいです。
ですが、短期で利益を得たい場合には有効な手法であることは確かでしょう。

パーレイ法のメリットは、どこで負けても損失は最初の掛け金だけであることです。
最初の掛け金が$1であれば、10ゲーム目で負けようが100ゲーム目で負けようが損失は$1です。
そして、途中で止めれば全てが利益となります。

パーレイ法の難しいところは押し引きの判断です。
2、3連勝程度なら誰もが次のゲームに挑戦するでしょうが、5、6連勝となってくると話は別です。

連勝が重なると「そろそろ負けるかも」、「負けたら全てなくなってしまう」といった考えが頭の中で渦巻きます。
この攻略法はネガティブ思考と恐怖に打ち勝ち、ベットし続けられるような強靭な精神力が必要です。
しかし実際にはどこかで止める必要がありますから、引き際も肝心になります。
パーレイ法は潔い判断力と度胸が求められる、案外高度な攻略法なのかもしれません。

地道に勝負するモンテカルロ法

モンテカルロ法は今までの攻略法と比べると若干手間が掛かりますが、有効な手法の1つです。
この方法を利用するには紙とペンを用意しておく必要があります。

地道に勝負するモンテカルロ法

まず、紙に「1,2,3」という数字を書きます。
この両端の数字を足した数がベット数になります。
つまり、この場合は4$になります。勝った場合はまた同じ賭け方をしますが、負けた場合は「1,2,3,4」と数列の右隣に掛け金の数を記入します。
次のゲームではこの両端の数字の合計5$をベットします。
勝った場合は左右の数字を2つずつ消し、負けた場合は先程と同様に右隣に掛け金の数を記入していきます。
数字が全部なくなるか、1つだけになったらそこで終了です。

この方法は3倍配当のゲームに適しており、2倍配当のゲームで利用する場合は勝った際に左右の数字は1つずつ消すようにします。
先に紹介した3つの方法よりも資金の減りが緩やかなので、守備的な戦略と言えます。
中~長期的にゲームをすることが出来るのであれば、この方法を用いるのが無難かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です